ホームページ「吟遊詞人」管理人のさかいしーやが、ゲーム「QUIZ MAGIC ACADEMY」に挑んでみる日誌。備忘録がてらやってた問題さらしとかが今やメインに。また、十分な確認を取って掲載しますが、情報に誤りがある可能性もあるのでご了承下さい。拍手とかご自由にどぞ~
理系学問と波
2011年05月26日 (木) | 編集 |
こんばんは、ぷちせるふぃです。

月曜日から昭和検定と宇宙・天文検定が始まりました。とりあえず火曜日にGAMEGARAGE大宮校でプレイした結果、昭和検定は4回目で、宇宙・天文検定は2回目でSランクをゲット。昭和検定は予想通り易問が多く点が伸びないですね。しかし、かなり納得のいく出来です。この日はオンラインには入らず。

ちなみにこの時点での、1人プレイ時のカード「つくもねむ」の正解率を晒してしまいましょう。
ノン→71、52% アニ→69、34% スポ→61、53% 芸→68、49%
ライ→75、76% 社→71、82% 文学→80、71% 理学→76、84%
…ホントにわかりやすい人ですね…(苦笑)。

今日はSDヒューケット戸田校から。理系学問がかなり多く、波がとっても激しい展開。一応ドラには残れましたが…。
ゲーおも・理早(12位)
スポ他・芸早(13位)
理他・音楽(4位)→ライキュ・文○×(7位)
ほら3戦計32位(苦笑)。

スポ連・理他(10位)→社エフェ・アニラン(2位)→自選アニ並・スポ自由・ライスロ・アニタイ(2位)
芸連・理一多(10位)→文パネ・ライ他(10位)
理タイ・文スロ(1位)→スポパネ・社キュ(4位)→スポパネ・ライ自由・自選アニ並・理自由(4位)
…この決勝は他3人との格が違いすぎて泣けた(苦笑)。60点とったのにタライ食らいかけって何…。

理タイ・芸エフェ(13位)
社線・スポ順(6位)→芸タイ・アニエフェ(6位)
そしてこれだけプレイしてニュースクイズに1問しか出会わなかった…しかもその一問回収済みorz

本日の小話 ~マニアック?な歴史~
上記の正解率からも分かるとおり、一応ぷちせるふぃは文系学問使いです。なので今日は歴史のお話。ぷちせるふぃは授業で習う歴史の方が好きで、つまり戦国・幕末・三國志などに関する知識は平均以下です(苦笑)。だから歴史は投げられないんですよね…。閑話休題。何の話をしようか迷いましたが、今回は「インド史」にしました。何で突然インド史?とか聞かないでください。特に深い意味はないです(笑)。あと時代も大雑把に括っているだけです。細かい歴史のつながりというか把握というかには目をつぶって下さい(笑)。マジアカで見たことあるものには下線を引いておきます。

古代インドの時代(~紀元前3世紀くらい)
インダス文明が繁栄します。モヘンジョ・ダロやハラッパーなどの遺跡でも知られます。
・この頃はドラヴィダ人やアーリヤ人が居住していました。
・この時代に、カースト制度が確立。カースト上位者の優位付けを図るためにバラモン教がうまれます。マヌ法典とかもこの時代。バラモン教へのアンチテーゼとして登場するのがウパニシャッド哲学。ちなみに、マハーバーラタやラーマーヤナなどの叙事詩の原型が出来たのもこの時代。
ルンビニーで釈迦が生まれたのもこの時代です。

王朝の栄えた時代(紀元前3世紀~15世紀くらい)
・マウリヤ朝ができます。初代の王はチャンドラグプタ。3代目のアショーカ王は仏典結集をしたことで有名。
・クシャーナ朝ができます。カニシカ王が有名。
・グプタ朝ができます。チャンドラグプタ1世やチャンドラグプタ2世はこの頃の王。
・ヴァルダナ朝ができます。玄ジョウ(三蔵法師)がインドに行ったときはこの王朝。
・この後サーマーン朝やガズニ朝などが乱立します。
ゴール朝ができ、北インドを一時統一しますがすぐ分裂します。
・デリースルタン五王朝ができます。順に奴隷王朝・ハルジー朝・トゥグルク朝・サイイド朝・ロディー朝

ムガル帝国の登場(15世紀~18世紀前半くらい)
・1526年にムガル帝国ができ、インドを統一していきます。初代皇帝はバーブル。
・3代目のアクバルはジズヤ(人頭税のこと)を廃止したことなどで有名。
・5代目のシャー・ジャハーンはタージ・マハルを作らせたことで有名。
・6代目のアウラングゼーブの時に領土が最大になります。

イギリスによる支配(18世紀中盤~20世紀中盤くらい)
・イギリス東インド会社によって植民地支配がすすめられていきます。
・これに対しセポイの反乱などの抵抗がおこります。ラクシュミー・バーイーが活躍したのもこのころ。
・セポイの反乱が鎮められた後、ムガル帝国は滅び、イギリスによる支配が本格化します。
・20世紀初頭にスワデーシー(国内品愛用=英製品不買)・スワラージ(自治獲得)などの運動がひろがります。
・これに対しイギリスはローラット法を定め弾圧します。またサイモン委員会による強制的な統治も行います。
・結局インドは第二次世界大戦後にネルーを首相として独立します。
・ちなみに1913年、タゴールが東洋人として初めてノーベル文学賞を受賞しています。

それでは本日はこのあたりで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック