ホームページ「吟遊詞人」管理人のさかいしーやが、ゲーム「QUIZ MAGIC ACADEMY」に挑んでみる日誌。備忘録がてらやってた問題さらしとかが今やメインに。また、十分な確認を取って掲載しますが、情報に誤りがある可能性もあるのでご了承下さい。拍手とかご自由にどぞ~
早くもQMA8のWikiや2chスレが出来ている。
2010年10月21日 (木) | 編集 |
こんばんはございます、さかいです。

ようやく公式のロケテ情報が公開されました。→http://www.konami.jp/am/locationtest/qma8/
現在開催中のAMサントロペ池袋、東京レジャーランド秋葉原に加え、明日からは京都のラウンドワン京都河原町でも開催が決定しました。
(ただし京都はPASELI非対応)
3店舗とも10月31日(日)までで、特に京都は全国大会とモロかぶりになっております。
行ける地域の人はぜひ行ってみてくださいな。
にしても、この公式情報のラグは何なんでしょうね(苦笑)。
例のデマは関係者がこの情報を隠すためのスケープゴートだったんじゃないかと思えてきましたw



今日は久しぶりに「スマイル館 神保町校」(100円2クレ)に行ってきました。
あいさつコメントをQMA8を祝して「か?イルカぇって北!」にしてみました。分かりづらい?
でも復活キャラの中で現行の挨拶コメントで作れるのってカイルくらいだと思う。タイガも強引に作れるか?

全国大会前日+ロケテ開催中だから強い人あんま居ないだろーと踏んでいたら、全然そんなことはなく(苦笑)、
早速8位→11位でさくっとフェニ落ちしてしまいました;
その後10位→3位→1位でぎりぎりドラ復帰しましたが、
全国大会直前にドラ復帰したため、大会中にトナメに入ってみても下ドラで人居なさすぎ」ってことがやたら多いので(汗)、
更に3戦やって3位→(回線切れで)1位→6位となり、上ドラに戻っておきました。
ついでに検定をやってみたら、まさかのミステリー&サスペンス検定で自力Sげっつ
前にぷちせるふぃにSを取ってもらったため高得点の問題が増えたせいもあるのでしょうが、でもまさかS取れるとは思ってもなかったのでびっくりw

ちなみに最近決勝戦(たまに全国大会)では、「自分は3、他全員2か1」という理由でアニゲ(アニキーHARD)を投げることがちょくちょくあります。
正解率的にはスポーツに次いで下から2番目なのですが(いつの間にか社会に抜き返されていたw)、今日だけで3回単独正解を戴いたりしていてなかなか美味しいのです。
やっぱQMAはアニゲが出来てなんぼみたいなところが大きいような気がする今日この頃。過言ですね分かります。



日替わりあかでみぃ
木曜の今日はスポーツです。

今日は来週スタートの検定にあわせて「中央競馬の三冠馬」でいきます。
先日史上3頭目の牝馬三冠馬が誕生して話題となりましたが、
そもそも何を三冠と呼ぶのかも実はややこいところなのでまとめてみました。

◆中央競馬クラシック三冠
皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞を制した競走馬のこと
・最初に達成したのは1941年のセントライト(当時皐月賞と菊花賞の名称は異なっていた)
・2番目はシンザン(1964年)。翌年の有馬記念と天皇賞(秋)も制したため「五冠馬」とも呼ばれる。
・3番目はミスターシービー(1983年)。翌年の天皇賞(秋)も制している
・4番目はシンボリルドルフ(1984年)。同年の有馬記念、翌年の天皇賞(春)(秋)、ジャパンカップ、有馬記念を制した(史上初の無敗での三冠馬)ことから「七冠馬」と呼ばれ、また神聖ローマ帝国のルドルフ1世にちなんで「皇帝」とも呼ばれた
・5番目はナリタブライアン(1994年)。同年の有馬記念も制している
・6番目(かつ今のところ最後)はディープインパクト(2005年)。史上2頭目の無敗の三冠馬となり、社会現象ともなる。2006年にはフランス競馬の凱旋門賞にも出場した

◆中央競馬牝馬三冠
桜花賞、優駿牝馬(オークス)、秋華賞(1996年の設立まではエリザベス女王杯)を制した競走馬のこと。なお秋華賞はクラシック競走ではないため、上記のクラシック三冠には含まれない
・最初に達成したのは1986年のメジロラモーヌ。2番目は2003年のスティルインラブ
・3番目(かつ今のところ最後)はアパパネ(2010年)。オークスではサンテミリオンと同着し、中央競馬GIレースで史上初の1着同着となった

◆中央競馬変則三冠
クリフジ(1943年)。東京優駿、優駿牝馬、菊花賞を制し、牝馬による唯一のクラシック競走3勝となる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック