ホームページ「吟遊詞人」管理人のさかいしーやが、ゲーム「QUIZ MAGIC ACADEMY」に挑んでみる日誌。備忘録がてらやってた問題さらしとかが今やメインに。また、十分な確認を取って掲載しますが、情報に誤りがある可能性もあるのでご了承下さい。拍手とかご自由にどぞ~
明日のコミケは行かないかもです。
2010年08月15日 (日) | 編集 |
こんばんはございます、さかいです。
ちょっとさすがに疲れました。あとお金が。

今日は有明→バスで東京駅→徒歩で神田と移動し、ぷちせるふぃと神田から参戦。
(げーむぞーん うぇーぶ校→ごはん→スマイル館 神田校)

メインカードは
・9位→11位→4位→4位(白銀賢者四段に)→優勝→2位
あと検定×4(ヒロインとお笑いで1度ずつSを獲得)。

サブカは
・[フェニ]優勝→優勝→[ドラ]2位(COM11人/魔神戦、討伐は失敗)→優勝(COM10人)
という感じでした。

賢王様や賢帝様とやたらマッチングすることが多かったのは、
全国大会の間隔が短すぎて称号やアイテムを使える期間が短いからじゃないかと思う。
そう考えるとあの人たちも大変なんだなぁと思う今日この頃。



日替わりあかでみぃ
土曜の今日はスポーツです。

今日は「大相撲 基礎知識」です。
最近は良くないほうの意味で注目を集めまくっている相撲界ですが、
ここらで基礎知識を押さえておこうかなと。
まぁあんまり基礎っぽくないのも混ざってる気がしないでもないですけどね。

◆大相撲の本場所…毎奇数月・年6回開催、うち3回は東京で開催される。
・1月…一月場所(初場所)@両国国技館
・3月…三月場所(春場所)@大阪府立体育会館
・5月…五月場所(夏場所)@両国国技館
・7月…七月場所(名古屋場所)@愛知県体育館
・9月…九月場所(秋場所)@両国国技館
・11月…十一月場所(九州場所)@福岡国際センター
※両国国技館が落成するまで(1984年まで)は蔵前(くらまえ)国技館で開催されていた。なお、両国国技館の地下には焼き鳥工場がある

◆大相撲の番付(と、それに関する用語など)
・上から順に…横綱→大関→関脇→小結→前頭→十両→幕下→三段目→序二段→序ノ口
三役…大関、関脇、小結のこと
幕内…横綱から前頭までのこと
明荷(あけに)…身の回りの品を入れておくもの。十両以上が持つことができる
大銀杏(おおいちょう)十両以上が結うことの出来る髪形
雪駄(せった)三段目以上が履くことが出来る。それ以下は下駄を履かなければならない
虫眼鏡(むしめがね)序ノ口の別名。番付表では虫眼鏡で見ないと読めない程小さい文字で名前を書かれることから

◆取組について
・本場所は全部で15日間。うち1日目を初日8日目を中日(なかび)15日目を千秋楽という
・制限時間は幕内が4分十枚目が3分幕下以下は2分とされている
・一日の取組のうち、幕内以後を「中入」(なかいり)、最後の取組を「結びの一番」という
・客席が満員の時には「満員御礼」の札を掲げる。その際、力士など関係者には10円硬貨1枚が入っている大入袋が配られる
・力士が土俵に上がった時に用いる清めの水を「力水」(ちからみず)という
・全取組終了後に「弓取式」(ゆみとりしき)が行われる

◆新弟子検査
・第1検査…基準は身長173cm以上、体重75kg以上
・第2検査…基準は身長167cm以上、体重67kg以上
・年齢制限は23歳未満

◆その他
・相撲の決まり手を指す言葉に「四十八手」などがあるが、現在日本相撲協会が定めている有効な決まり手は82手ある(反則は除く)
・番付表の中央には「蒙御免」(ごめんこうむる)という文字が書かれている
・相撲における勝負を判定する人物を行司(ぎょうじ)といい、その勝敗を示すために持っているものを軍配(ぐんばい)という
・力士の髷(まげ)を結う職を床山(とこやま)という
・俳句で「相撲」は秋の季語とされる
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
決まり手
エフェで「相撲の決まり手の一つです 『頭捻り』」という問題を見たことあります。知らなかったんで撃沈されました(TT)が、ドラだったんで?8人ぐらい正解してました。(正解は「ずぶねり」、ちなみに6の時でした)決まり手はたまに難読ありますが、今のところ遭遇した問題はこれだけですね。
2010/08/15(Sun) 17:59 | URL  | KR-MK2 #cyKGIGgk[ 編集]
KR-MK2さん>
うわー、きっついですね;
決まり手はたくさんあるからなかなか大変ですね~
2010/08/15(Sun) 18:45 | URL  | さかいしーや #ogqduQDg[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック