ホームページ「吟遊詞人」管理人のさかいしーやが、ゲーム「QUIZ MAGIC ACADEMY」に挑んでみる日誌。備忘録がてらやってた問題さらしとかが今やメインに。また、十分な確認を取って掲載しますが、情報に誤りがある可能性もあるのでご了承下さい。拍手とかご自由にどぞ~
福山潤さん=メガネキャラのイメージがつきつつある。
2010年07月31日 (土) | 編集 |
こんばんはございます、さかいです。
表題は今期見てる「ぬら孫」「WORKING!!(再放送)」「黒執事II」の共通点w

昨日書きそびれたので昨日の話から。
昨日は大学時代のサークルの集まりの後、ぷちせるふぃ&ゆきねと「渋谷会館モナコ校」へ。

全国大会はサブカで2回やり、どちらも勝利。
2戦目はAceでもないのに17問正解区間賞5個とかゆうぶっちぎり加減でした(笑)。
引き続いてサブカで検定をやりました。
サブカは全部の検定でAランク(BはもちろんSでもダメ)を目指していたのですが、
何故か「ヒロイン検定」の1回目でいきなり2842点のSを獲得ww
仕方ないので他2つも本気でやったら、「よしもとお笑い検定」でも2528点でSを、
「日本の政治検定」ではSスレスレの2489点とゆう結果を出してしまいましたとさ。
ついでなんでメインでも検定を廻したら「ヒロイン検定」でも通算6回目にして2528点でSを取れました。



今日は今日とて「QMA黙示録SGMOTD校」へ。
こちらはメインで全国大会を。

・テスト4位→本番2位(4-0で勝利)…宝石賢者様と対決する羽目になりましたが、その宝石の色を投げたのはその宝石賢者1人だけで、こっちのチームは全員芸能とかいう流れも手伝って勝てましたとさ。
・テスト3位→本番2位(1-3で敗北)
・テスト3位→本番2位(0-4で敗北)
・テスト2位→本番2位(1-3で敗北)…今度は宝石天賢者様と対決する羽目に。その色を投げたのはその人ではない相手チームの1人だけで、区間賞4つも取れたものの、僅差で敗れてしまったのでした。
・テスト2位→本番3位(1-3で敗北)…4連敗。途中味方の某ハルトさんから「いちやまかせたぞ」、同じく某ミューさんから「いちやさんがんば」と応援をいただいたものの、セレクトとかでぽろぽろ落とすという不甲斐ない結果に。本当に申し訳なかった;;
・テスト1位→本番1位(3-1で勝利)…またまた宝石賢者様(先2名とは違う色)と対戦。今度はその色が相手チームから2つ&自分チームからも1つ飛んできて死にそうでしたが、アニゲのニュース問(正解率0%)を予想済みだったため単独正解出来たりして無事勝利。プラチナ戴きました。

あと検定×3。お笑いと日本政治はAどまりだったものの、
ヒロインは自力でSに到達、しかも2533点で昨日の自己ベストを5点更新(笑)。
パソモバが結構しんどかったんで、今回の検定たちは結構相性良いのかも?



日替わりあかでみぃ
月曜の今日はアニメ&ゲームです。

今日はヒロイン検定準拠?「ぴえろ魔法少女シリーズ」です。
1980年代を中心に製作された魔法少女もののアニメシリーズのことで、
声優検定の時に一回覚えたつもりだったんですが、ヒロイン検定で出されて全然覚えてなかったことが発覚(笑)。

◆魔法のプリンセスミンキーモモ(1982~1983、1991~1992)
※これはぴえろによるものではないが、企画した広告社が同じ。以下の説明は基本的に1982年の第1作のもの
・主人公のミンキーモモは「フェナリナーサ」という国のプリンセス
・3匹のお供をつれている。犬のシンドブック、子ザルのモチャー、小鳥のピピル
・魔法の呪文は「ピピルマ ピピルマ プリリンパ パパレホ パパレホ ドリミンパ」(成語順番当てに出る)
・モモの声を務めた声優は小山茉美(第1作)、林原めぐみ(第2作)(多答に出る)

◆魔法の天使クリィミーマミ(1983~1984)
・クリィミーマミに変身する主人公は森沢優(もりさわゆう)
・マミの声を演じる声優は新人歌手・太田貴子。主題歌「デリケートに好きして」も担当している
・マミに助けられた妖精はピノピノ。そのお目付け役となった二人の妖精はネガ・ポジ

◆魔法の妖精ペルシャ(1984~1985)
・原作は青沼貴子の漫画。シリーズ唯一の原作つきの作品である
・主人公のフルネームは「速水ペルシャ」(苗字がタイピングで出る)
・ペルシャ役の声優は冨永み~な。ぴえろのシリーズで主演が本職の声優なのはこれが唯一

◆魔法のスターマジカルエミ(1985~1986)
・マジカルエミに変身するマジシャン志望の主人公は香月舞(かづきまい)(森沢との混同を誘う○×やタイピングがある)
・エミの声を演じる声優は新人歌手・小幡洋子(おばたようこ)。主題歌「不思議色ハピネス」も担当している

◆魔法のアイドルパステルユーミ(1986)
・主人公のフルネームは「花園ユーミ」
・ユーミ役を演じる声優は新人歌手・志賀真理子。放送終了の3年後に急逝

◆魔法のステージファンシーララ(1998)
・ファンシーララに変身する主人公は篠原みほ
・ララ役を演じる声優は新人歌手・大森玲子(現:相原玲)。主題歌も担当
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
CHOICE(初回限定盤)(DVD付)林原めぐみキングレコード発売日 2010-...
2010/08/07(Sat) 19:20:27 |  どうなんでしょうか