FC2ブログ
ホームページ「吟遊詞人」管理人のさかいしーやが、ゲーム「QUIZ MAGIC ACADEMY」に挑んでみる日誌。備忘録がてらやってた問題さらしとかが今やメインに。また、十分な確認を取って掲載しますが、情報に誤りがある可能性もあるのでご了承下さい。拍手とかご自由にどぞ~
賢空戦前ニュースまとめ 右5ジャンル編
2017年12月12日 (火) | 編集 |
引き続きぷちせるふぃです。

では最後に、芸能・ライフスタイル・社会・文系学問・理系学問の5ジャンルのニュースまとめです。

<芸能>
○過去に予想に入れたこと
・24時間テレビでブルゾンちえみが走者を務める
・EXILEのTAKAHIROが女優の武井咲と結婚
・TBSのドキュメンタリー「世界遺産」の新ナレーターに女優のが就任
・キングオブコント2017でかまいたちが優勝。2位はにゃんこスター、3位はさらば青春の光
安室奈美恵が2018年での引退を発表。直後にリリースされたアルバム「Finally」はミリオンセールスを記録
・ベストジーニストの発表があり、男性はHey!Say!JUMP の中島裕翔が、女性は菜々緒が受賞
・2017年12月に「女芸人No.1決定戦 The W」開催。優勝したのはゆりやんレトリィバァ
・2019年に東野圭吾の小説を原作とする映画「マスカレード・ホテル」公開。主演は木村拓哉
・ホリプロタレントスカウトキャラバンで、定岡遊歩(さだおかゆうほ)が男性として初めてグランプリを受賞
・2018年2月にソフィア・コッポラ監督の映画「ビガイルド」公開
・2017年のNHK紅白歌合戦の総合司会は内村光良。白組司会は二宮和也、紅組司会は有村架純
・2017年大晦日に「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」放送
・2018年3月にスティーブン・スピルバーグ監督映画最新作「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」公開
・2018年冬に映画「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」公開
・2018年秋放送開始のNHK朝の連続テレビ小説が「まんぷく」に決定。日清食品の創業者・安藤百福とその妻を描く。主演は未定
・2019年春放送開始のNHK朝の連続テレビ小説が「夏空」に決定。主演は広瀬すず
綱啓永(つなけいと)がジュノンスーパーボーイコンテストでグランプリを獲得
・女優のメーガン・マークルがイギリス王室のヘンリー王子と婚約
・2018年4月に映画「パシフィック・リム:アップライジング」公開
・2018年6月に映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」公開
・M-1グランプリ2017で「とろサーモン」が優勝。2位は和牛、3位はミキ

○9月以降に公開された映画(前半は第2回全国大会予想の再掲。後半は新規)
・エイリアンシリーズ最新作「エイリアン:コヴェナント」
・乃木坂46の西野七瀬主演の「あさひなぐ」
・ニコラス・ケイジ主演最新作「ヴェンジェンス」
・ブレードランナーの続編にあたる「ブレードランナー 2049」
・猿の惑星シリーズ最新作「猿の惑星;聖戦記(グレートウォー)」
・トム・クルーズ主演最新作「バリー・シール アメリカをはめた男」
・マイティ・ソーの続編「マイティ・ソー バトルロイヤル」
・ジグソウシリーズ最新作「ジグソウ:ソウ・レガシー」

・エマ・ワトソンとトム・ハンクスが主演の映画「ザ・サークル」
・菅田将暉と桐谷健太主演・又吉直樹原作の映画「火花」
・ケネス・ブラナー監督・主演「オリエント急行の殺人」
・スター・ウォーズ最新作「最後のジェダイ」
・佐藤健と土屋太鳳主演の映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」
・平祐奈主演の映画「未成年だけどコドモじゃない」

○2017年、NHK紅白歌合戦に初出場する歌手・グループ(再掲)
紅組…丘みどり、SHISHAMO、TWICE、Little Glee Monster
白組…エレファントカシマシ、竹原ピストル、トータス松本、Hey!Say!JUMP、三浦大知、WANIMA
なおTWICEがヒット曲「TT」で披露する、泣き顔(T_T)を表す「TTポーズ」は流行語検定スロット実装済

○2018冬ドラマ(新規。主に線結び対策ですが、下線部あたりは他でも出題されそうです)
冬ドラマの主演
FINAL CUT→亀梨和也
家族の旅路→滝沢秀明
もみ消して→山田涼介
BG~身辺警護人~→木村拓哉
トドメの接吻→山崎賢人
明日の君がもっと好き→市原隼人
電影少女→野村周平
モブサイコ100→濱田龍臣
女子的生活→志尊淳
オー・マイ・ジャンプ!→伊藤淳史

海月姫→芳根京子
anone→広瀬すず
ホリデイラブ→仲里依紗
アンナチュラル→石原さとみ
越路吹雪物語→瀧本美織
きみが心に棲みついた→吉岡里帆
賭ケグルイ→浜辺美波
隣の家族は青く見える→深田恭子
リピート→貫地谷しほり
オーファン・ブラック→知英

<ライフスタイル>
○過去に予想に入れたこと
・将棋棋士の菅井竜也(すがいたつや)が王位を獲得、平成生まれ初のタイトル保持者に
・2ちゃんねるが「ちゃんねる」に名称変更
・将棋棋士の中村太地(なかむらたいち)が王座を獲得
・オータムジャンボ宝くじの名称が「ハロウィンジャンボ宝くじ」に変更。なお、2018年2月よりグリーンジャンボ宝くじの名称は「バレンタインジャンボ宝くじ」に変更される
・将棋棋士の羽生善治が竜王位を獲得、史上初めて永世七冠の称号を獲得

○2017ユーキャン新語・流行語大賞トップテン(再掲)
・インスタ映え(大賞)
・忖度(大賞)
・35億
・Jアラート
・睡眠負債
・ひふみん
・フェイクニュース
・プレミアムフライデー
・魔の2回生
・○○ファースト
・9.98(選考委員特別賞)
・29連勝(選考委員特別賞)

○出題されそうな本(一部追加情報あり)
・いわいとしお「そらの100かいだてのいえ」(「100かいだて→ちか100かいだて→うみの100かいだて」に続く4作目)
・宮部みゆき「この世の春」
・東野圭吾「マスカレード・ナイト」(マスカレード・ホテル、マスカレード・イブに続く3作目)
・ビートたけしの恋愛小説「アナログ」
・長岡弘樹「教場0」
・貴志祐介「ミステリークロック」
・広辞苑第7版(2018年1月発売)
・SEKAI NO OWARIのSAORI(藤崎彩織)による小説「ふたご」
・宿野かほる「ルビンの壺が割れた」
・鈴木信之「宝くじで1億円当たった人の末路」
・鈴木るりか「さよなら、田中さん」(作者は「12歳の文学賞」で3年連続大賞を獲得した中学生)
・伊坂幸太郎「ホワイトラビット」
・ケント・ギルバート「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」
・小川糸「キラキラ共和国」
・河合雅司「未来の年表」(予想に入れていなかった本ではこれが一番出そう)
・誉田哲也「ノーマンズランド」
・吉野源三郎「君たちはどう生きるか」(2017年に漫画版が発売され話題に)
・「友情」(山中伸弥教授と元ラグビー日本代表の平尾誠二の関係を綴った本)
・東京慈恵医大監修「その調理、9割の栄養捨ててます!」
・曽野綾子「夫の後始末」
・陳浩基「13・67」(今年の本ミス・文春の海外1位。このミスの海外1位は「フロスト始末」)
・加藤シゲアキ「チュベローズで待ってる」

○今年のミステリー系小説受賞作(半分ぷちせるふぃの趣味です…ごめんなさい。ただし上2つは出そう)
・第16回このミステリーがすごい!大賞→蒼井碧(あおいぺき)「十三髑髏」
・第27回鮎川哲也賞→今村昌弘「屍人荘の殺人」。その1年で優れたミステリーを評価する3大ランキング「本ミス」「文春」「このミス」の全てで2017年国内1位を獲得。過去に同一作で国内三冠を達成したのは「容疑者Xの献身」のみ
・第19回大藪春彦賞→長浦京「リボルバー・リリー」(リリーを問うライタイ実装済)
・第17回本格ミステリ大賞→竹本健治「涙香迷宮」(ライ文字実装済)。事件を解く、というより黒岩涙香に迫る歴史ミステリーって感じですが、その内容はものすごいです。
・第70回日本推理作家協会賞→宇佐美まこと「愚者の毒」
・第21回日本ミステリー文学大賞新人賞→北祓丐コ(きたはらせいこ)「沸点桜(ボイルドフラワー)」
・第53回メフィスト賞→柾木政宗「NO推理、NO探偵?」。ほぼ全てをブチ抜いて進むメタを受け入れられるかで、絶賛か激怒の二極に分かれる超問題作(笑)。個人的には絶賛するけど、お勧めはしませんwww
第63回江戸川乱歩賞・第37回横溝正史ミステリ大賞・第24回ホラー小説大賞は大賞該当作なし

<社会>
○過去に予想に入れたこと
・特殊詐欺根絶を目指す警視庁のキャラクター「ストッポ君」発表。デザインは大河原邦男
・シンガポール初の女性大統領にハリマ・ヤコブが就任
・小池百合子らが国政政党「希望の党」を結党
・上野動物園で2017年6月に産まれたパンダに「シャンシャン(香香)」と命名
・おおさか東線に新駅「衣摺加美北(きずりかみきた)駅」の新設が発表
・枝野幸男らが「立憲民主党」を結党
ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)がノーベル平和賞受賞。授賞式では広島出身の反核活動家・サーロー節子が演説した
・行動経済学者のリチャード・セイラーがノーベル経済学賞受賞
・ユネスコの新事務局長にオードレ・アズレが就任
・衆議院議員選挙が行われた。獲得議席数は多い順に自民党→立憲民主党→希望の党→公明党
・スペインのカタルーニャ州で独立運動
・日経平均株価が16営業日連続終値上昇の過去最高記録
・ゆるキャラグランプリ2017で千葉県成田市の「うなりくん」が1位
・ジンバブエでロバート・ムガベによる約40年の独裁が終了、エマーソン・ムナンガグワが新大統領に就任

<文系学問&理系学問>
○過去に予想に入れたこと
・日本遺伝学会が遺伝子の「優性」「劣性」の表記を「顕性」「潜性」に改訂
・吉澤和徳や上村佳孝らの国際研究チームが、生殖器が雌雄で逆転した虫「トリカヘチャタテ」の研究によりイグ・ノーベル賞生物学賞を受賞
・体内時計のメカニズムの研究に尽力したジェフリー・ホール、マイケル・ヤング、マイケル・ロスバッシュの3人にノーベル生理学・医学賞
クライオ電子顕微鏡を開発したジャック・デュボシェ、リチャード・ヘンダーソン、ヨアヒム・フランクの3人にノーベル化学賞
重力波を世界で初めて観測したLIGO(レーザー干渉計重力波観測所)に所属する、キップ・ソーン、レイナー・ワイズ、バリー・バリッシュの3人にノーベル物理学賞
長崎県生まれの日系イギリス人小説家カズオ・イシグロがノーベル文学賞受賞
・群馬県の石碑群「上野三碑(こうずけさんぴ)」がユネスコの世界記憶遺産に認定
・約77万年前~12万年前の地質年代について、その年代を象徴する地層が千葉県市原市にあることから「チバニアン」と命名される見通しであることが発表(※まだ正式に決定されてはいない)
・京都大学の森和俊教授がブレースクルー賞(生命科学分野)を受賞

こんなに長い文章に、少しでもお目通しいただけただけで嬉しいです。それでは皆様、それぞれの目指すところに向かいましょう♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック